高血圧改善・血圧を下げるツボ

高血圧を改善する、血圧を下げるツボは?

 

 

指圧のよいところは、薬のように副作用がなく、リラックス効果が高い点です。
そして、いつでもどこでも出来る手軽さです。

 

家族の方などに押してもらうのも大変リラックスでき、効果がありますが、
ここでは、ご自分で押せるツボをご紹介します。

 

押す指は、押す部位によってさまざまです。
人指し指、中指、薬指を並べて押す場合もあれば、
手のひらのつけ根部分で押すと効果的な場合もあります。
押しやすい指を使うのが基本ですが、最も多く使われるのは親指です。

 

高血圧を改善する指圧やお灸は、次に紹介するツボが効果的です。

 

人迎(じんげい)

 

人迎(じんげい)

 

のどぼとけから指2〜3本分外側で、脈が触れるところにあります。

 

このツボを親指と人差し指で、左右同時にやや強めに脈に押しつけて、
脈を30数えてから指を離します。これを2〜3回繰り返します。
脈を押すときは、喉をしめつけないように気をつけて、首の後ろに向かって押してください。

 

 

血圧点(けつあつてん)

 

血圧点

 

このツボは、足の裏側の親指のつけ根のまん中にあります。
一般的に血圧が高いほど、指圧をした時に痛く感じます。
お灸をすえたときは、なかなか熱さを感じにくい部分です。
従って、指圧は痛みがやわらぐまで、お灸は熱さを感じるようになるまで、
毎日根気よく続けてください。

 

その他、合谷(ごうこく)足三里(あしさんり)、三陰交(さんいんこう))内関(ないかん)があります。

 

内関の場所は、手のひら側の手首の中央から指の幅3本分、ひじに向かったところです。

 

内関

 

以上のツボを指圧してください。